療育のこと

nursing

キッズグループの療育

こどもねっとについて

こどもねっとでは、児童福祉法に基づく児童発達支援事業・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援事業・学習支援事業を運営しております。

専門職員による運動・音楽を用いた療育、保育士・作業療法士・心理士・言語聴覚士による療育、個別・少人数での課題学習など、お子様それぞれに合わせて行ない、感性・感覚・情緒・コミュニケーション能力などの成長をそれぞれの面からサポートいたします。

事業案内について

児童発達支援とは

未就学児から就学時までの発達が気になる子供に対し、日常生活における基本動作を習得し、集団に適用する事ができるよう、児童の成長・発達を支援するサービスです。一人ひとりに合わせた療育を実施し、周囲も理解することで自己肯定感を高め、「たのしいこと」「うれしいこと」を期待して、活動に向かう力を育てていきます。

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスとは、発達が気になる就学児童(小学生・中学生・高校生)が学校の授業終了後や土曜日、長期休み中に通うことのできる施設です。児童発達支援管理責任者が作成する個別支援計画に基づいて、自立支援と日常生活の充実のための活動などを行います。

保育所等訪問支援とは

お子様が通われている学校・保育所等に訪問させていただき、どのように集団生活を送っているのかを見させていただきます。集団生活に適応していくために専門的な支援方法を伝えていき保育所等と連携を図っていくことで、より良い環境で生活が送れるようにしていきます。

支援としては、お子様に対し、間接的支援や直接的支援を行った後に学校・保育所等と情報交換を行っています。今の成長段階や日々の様子を話し合い、どのような支援が望ましいのかを伝えさせていただきお子様にとってより良い生活になるように支援・アドバイスさせていただきます。

相談支援事業所とは

相談支援事業所では、相談支援専門員が障害福祉サービス等を申請した障害者(児)について、サービス等利用計画の作成、及び支給決定後のサービス等利用計画の見直し(モニタリング)を行い、様々な福祉サービス利用の相談、援助を行います。

こどもねっとサービス案内

サービス案内

作業療法(OT)

運動・感覚面を中心に、それに付随する行動面や対人面、認知機能等のつまづきに着目し、遊具やおもちゃを介した「遊び」の中でそれぞれの力を伸ばしていきます。特に運動・感覚遊びを多く取り入れていくことで、チャレンジする気持ちを育てるだけでなく、自分自身への気づきと周囲の状況を適切に捉える力を付くように療育を行なっています。

言語聴覚療法(ST)

「できた!」「楽しい」という気持ちを共有し、遊びを通して信頼関係を築きながらコミュニケーションの意欲を高めていく取り組みを行っています。その上で、一人一人のお子さんの発達段階に合わせてことばや身振りでの理解・表出を伸ばす支援を行い、日常場面でコミュニケーション能力が発揮できるように、生活の中で取り組める支援方法を提案しています。発音の誤りや不明瞭さがあるお子さんに対し、発達段階に合わせて舌や唇の動かし方を練習し、正しい発音の獲得につなげていき、お子さんが自信を持って会話を楽しめるよう支援を行っています。

応用行動分析療育(ABA)

国家資格を取得したセラピストが、お子様と複数回合ってコミュニケーションを取ります。そのお子様が抱える問題を正しく理解し、自宅でも行えるよう支援致します。ABAの目的はお子様本人と生活がより豊かになることです。ご自宅でも実践することで効果が得られます。是非ご相談下さい。

少人数療育

お子様の年齢や発達に合わせてグループを分け、運動、製作活動、ソーシャルスキルトレーニング(SST)などを通し、お友達との関わり方や集団でのルールを学んでいます。

個別療育

作業療法(OT)・言語聴覚療法(ST)・心理士などの専門職員が、お子様一人ひとりの得意なこと、苦手なことを見極め、専門療育を行うことで自信をつけ、自立を目指しています。

個別学習支援

学習を専門に指導する専門員が、お子様の学習状況の把握と方向性を提示し、学習指導やタブレットでの学習を行うことで学力向上や学習に対する達成感、自己肯定感の向上を促します。
αだけで行うサービス

サービス利用までの流れ

サービス利用までの流れ

児童発達支援、放課後等デイサービスは、児童福祉法に位置付けられた通所型の福祉サービスで、療育手帳や障害者手帳は必須ではありません。医療機関等の診断書や判定書をお住まいの役所に提出し、受給者証の交付を受けることが必要となります。(療育手帳や障害者手帳をお持ちの方は、お住まいの役所、福祉課で御相談下さい)

<受給者証をお持ちの方>
当事業所では御利用前に見学をお勧めしております。見学後に面談にて御利用内容について御相談をお受け致します。まずは御連絡下さい。

<受給者証をお持ちでない方>
発達に不安を感じたら
→児童相談所や発達相談を行っている医療機関に相談
→検査等行い診断書や判定書の交付を受ける
→お住まいの役所、福祉課へ提出
→相談支援事業所でサービス等利用計画を作成してもらう。または保護者がセルフプランで作成
→受給者証交付
→サービス利用開始
*サービス利用の手続きで役所へ行く際は、診断書や療育手帳など発達に支援が必要とわかるもの・印鑑・マイナンバーが確認できるものが必要です。

利用者負担について

受給者証があると、未就学児(満3歳から就学前のお子様)は利用者負担なしの無償でサービスを受けることができます。就学児(小学生・中学生・高校生)や満3歳に満たないお子様は、利用料の1割の自己負担でサービスを利用できます。また、利用者負担額に上限が設けられており、世帯ごとの所得に応じて以下のように負担額が設定されております。

・生活保護世帯、住民税非課税世帯・・無料
・市町村民税課税世帯で所得割額が28万円未満の世帯…負担上限月額4,600円
・市町村民税課税世帯で所得割額が28万円以上の世帯…負担上限月額37,200円
*上限額の決定については、お住まいの役所へご確認下さい。

療育とは

療育とは…

療育という言葉は近年、医療・福祉の進歩に伴い色々な場面で聞かれるようになりました。療育と聞けば、「専門的な場所で専門的な支援を受けること」「訓練をする場所のこと」「幼児さんが集まってみんなで遊ぶこと」「お勉強をする場所」など様々なイメージを持たれると思います。しっかりとした定義にはたどり着かず、結局なんなのか曖昧な方も多いかもしれませんが、それで良いと考えています。人が10人いれば10通りの考え方あるのが当たり前で、子供が10人いれば10通りの良いところ、苦手なことがあります。となると10通りの療育があるのも当然です。例えば、みんなと一緒の場所で過ごすことが苦手な子には安心・安全を感じてもらい、鉛筆や消しゴムを使うのが苦手な子にはまずは思いっきり身体を動かすことを学んでもらいます。私達は、目の前のお子さんに、その子らしさがある中で持っている力を最大限に生かしながら社会へ適応し、自立していけるように何ができるのかを考え日々療育を行っています。

発達障害とは

認知・言語・情緒・行動などの発達が不安定であり、何らかの援助を受けないと、日常生活を送るうえで支障がある場合を発達障害といいます。

発達障害の分類

自閉症スペクトラム症(ASD)

主に以下の二つによって分類されます。

1.社会的コミュニケーションおよび相互関係における持続的障害
人として求められる社会性や情緒的な交流に不安があり、まなざしやジェスチャーなど言語を使わないとコミュニケーションが出来にくい、他者と年齢相応の関係がもてないなどが挙げられます。

2.限定された反復する行動、興味、活動
同じことばかりを繰り返す、日常生活では融通が利かない、儀式的な行動パターンが挙げられ、感覚が敏感または鈍感であることが挙げられます。

注意欠如・多動性(ADHD)

主に以下の二つによって分類されます。

1.不注意症状
細かな注意が出来ず、ケアレスミスをしやすい、注意散漫、指示に従えない、課題を整理することが出来ない、忘れ物が多い等が挙げられます。

2.多動性、衝動性の症状
着席中手足をそわそわする、着席できない、走り回る、静かに遊べない、じっとしていられない、順番を守れない等が挙げられます。

限局性学習症(LD)

知的な部分での障害ではなく、読み、書き、推論、算数の特異的な障害をいいます。例えば読みに困難がある場合、読み間違いや、行の取り違い、文末を適当に変えたりします。

お子様の現状を見極め、よく観察し、工夫しながら支援する必要があります。

発達障害かなと思ったら?

お早めに専門機関に相談しましょう。専門機関は医師や保健師、相談事業所、子育て支援センター、児童相談所などで相談支援を行っています。相談の上、必要に応じて、児童発達支援、放課後デイサービス等、支援をする機関に繋げてくれます。