保育園

宮の森ライラック保育園

[]
[]
[]
[]
[]
[]

2020年10月にオープンした宮の森ライラック保育園は閑静な住宅街の中に佇んでいます。
外観は地域に溶け込んでいて室内は大きな窓がたくさんあり、日の光が煌々と差し込みとても明るい部屋で子どもたちは過ごしています。
夏は冷房完備、冬は床暖完備となっておりますので、いつでも室内の温度が最適になっていて過ごしやすい環境となっております。
園の周りにはいくつもの公園があり、その時々に合わせた公園選びをして毎日楽しい日々を過ごしております。
当園では、遊びの中から「やってみたい」「やってみよう」とする意欲を育て、遊びを自ら発見することで、想像力を豊かにし、自分自身に自信をもって発言し、他人の話をきちんと聞くことが出来ること、安心できる環境の中で遊びを通してたくさんの経験をし、考える力や自信へ繋げそして一人ひとりの特性を大切に心と体の健やかな成長を目指しております。
職員一同皆様とお会いできることを楽しみにしております。

教育方針

「子どもたちの健康・環境・教育」を考え、「食からも考える健康」、「健やかな成長を促す環境」、「将来に向けた教育」の実践を目指します。
乳児から2歳児までは、心身の発達の基盤が形成される上で極めて重要な時期です。この時期の子どもが、生活や遊びの様々な場面で主体的に周囲の人やものに興味をもち、直接関わっていこうとする姿は、「学びの芽生え」といえるものであり、生涯の学びの出発点にも結び付きます。「健やかに伸び伸びと育つ」「身近な人と気持ちが通じ合う」「身近なものと関わり感性が育つ」を柱に保育を進めてまいります。
また、小学校や社会で困らないためにも、自ら考え、行動できる力を身に付けられるよう様々な体験と経験を養い自立する力を身に付けられる保育を目指していきます。
教育方針

当園の特徴

  • リトミックの活用

    リトミックの活用

    専門スタッフによるカリキュラムで0歳から始められるリトミックを楽しく音楽と触れ合いながら個々に持っている「潜在的な基礎能力」の発達を促します。

  • 栄養士や調理師による食育活動

    栄養士や調理師による食育活動

    栄養士や調理師による食育活動により、食材を調理している場面を見ることができ、興味を持つことができます。

  • 専門スタッフによるサポート

    専門スタッフによるサポート

    保育士・心理士・言語聴覚士・作業療法士など専門スタッフを多数配置しており、グループ全体で保育に関するあらゆるサポート体制を整えております。

  • 冷暖房・床暖房完備

    冷暖房・床暖房完備

    いつでも室内が適温となるよう冷暖房・床暖房が完備されています。

当園へのアクセス

宮の森ライラック保育園
〒064-0953
北海道札幌市中央区宮の森3条3丁目4−18