児童発達支援・放課後等デイサービス

児童発達支援・放課後等デイサービス

ひとりひとりの能力に合わせた成長サポート>

専門職員による運動・音楽を用いた療育、保育士・作業療法士・心理士・言語聴覚士による療育、個別・少人数での課題学習など、その子に合わせて行い、感性・感覚・情緒・コミュニケーション能力などの成長をそれぞれの面からサポートします。

児童発達支援・放課後等デイサービスギャラリー

[keyword]
[keyword]
[keyword]
[keyword]

事業の特徴

児童発達支援事業

0歳~就学前までのお子様が対象です。
(3歳~就学前までのお子様が中心です)
グループ活動、感覚統合療法の視点を取り入れた運動遊び、リトミック、個別支援を通して自分に自信が持てるように促します。また、人との関わりや集団の中でのルールを学びます。
他にも
・生活習慣、動作を身に付ける練習
・道具操作の練習
・小学校入学へ向けた準備
などニーズに合わせたカリキュラムを作成します。
”こどもねっと”には、保育士・作業療法士・心理士・言語聴覚士など多種の専門的な職員が従事しており、お子さまに合わせた支援を行なっています。

児童発達支援事業 イメージ画像

放課後等デイサービス

就学後のお子様が対象です。
放課後の時間を利用して、学習支援や運動遊びを中心に個々のニーズに合わせた課題も行ないます。
活動を通して社会性や対人関係を高める関わりを持ち、学校や社会生活への適応を支援します。
また、熱中できること・打ち込めることを見つけ、余暇活動の充実にもつなげます。
夏休み・冬休みなどの長期休暇は朝からお預かりしています。

放課後等デイサービス イメージ画像

学習指導

就学前~就学後のお子様が対象です。
個別または少人数制での学習支援を行なっています。
学校での苦手な科目のサポート、得意な科目はより伸ばす等、学校や社会生活への適応を支援します。
保護者様・ご本人様のニーズに合わせ、丁寧な指導を心がけております。

学習指導 イメージ画像

保育所等訪問支援事業

保育園、幼稚園、学校などで集団生活を行なっているお子さまが対象です。
現在、通園・通学している、または通園・通学予定のある施設で、お子さまや当該施設のスタッフに専門的な支援を行ないます。

保育所等訪問支援事業 イメージ画像